インターユース堺(IYS)

インターユース堺(IYS)とは

インターユース堺(IYS)は、「参加・開発・平和・人権」をテーマに、青年に社会参加の場を設け、活動を通し交流や連帯を図る中で、平和や人権が尊重される社会の実現に貢献できる人権意識と国際感覚を身につけた青年の育成を目的として活動しています。

インターユース堺(IYS) 設立趣旨

1985年が国連において、「国際青年年」と定められました。そのことを受けて、堺市でも青年が主体となった活動の機運が高まり、「インターユース堺(IYS)」の前身である「国際青年年記念堺連絡会(IYY)」が発足されました。
2004年に活動開始以来20年目を迎えた時、それまでのIYY活動を全面的に再点検し人権尊重社会の実現のためには、次代を担う青年の育成がより一層必要であることから、「1.人権啓発事業」や「2.交流事業」、「3.社会貢献事業」を通じて、国際感覚と人権意識を身に付けた青年の育成を行うため、組織や内容の全面的な見直しを行い、2005年に「インターユース堺(IYS)」へと発展・改組しました。

主な事業活動

総会

総会は、年1回開催し、前年度の決算報告及び事業報告とともに、本年度予算・事業方針・事業計画が審議されます。

前期研修

堺市在住の15歳から35歳までの青年を公募し人権研修により、団員の意識を高めることや、スタディツアーに向けた準備(国際交流や異文化理解の意義についての学び)、団員同士の関係づくりを行い、より良く深い学びにつながるよう、活動をします。

スタディツアー

公募した青年を海外派遣団員として、IYSのテーマ「参加・開発・平和・人権」に応じたプログラム「時代変遷に見る民族文化の保護と伝承、遺産を遺産で終わらせない未来のために~多文化共生のために受け入れる文化と護るべき文化とは~」を目的とした台湾でのスタディツアーを実施します。

後期研修・報告集会

団員一人ひとりがスタディツアーで得た体験や学び、気付きを、まとめていきます。報告集会では、多くの市民にツアーの成果を伝えるための報告を実施します。
また、前期に引き続き、国内における人権課題について、学んでいきます。

ヤングサンタ

青年がサンタに扮して、堺市内の未就学の子どものいる家庭を訪問します。ゲームなどを行い子どもたちとの交流し、思い出づくりのお手伝いをします。

様々な場を通じた学びの発表(出前授業)

堺市人権教育推進協議会主催の「人権を守る市民のつどい」や出前授業などを通じて、自らの学びを広く市民の皆さまにお伝えします。

入会について

本会の各事業への参加を希望し、参加申請書を提出した者を会員とする。また、本会の各事業を理解し支援を申し出、支援申請書を提出した者を支援会員とする。
入会については、インターユース堺事務局(072-221-9280)まで、お問い合わせください。