同和・人権問題啓発入門講座を開催しました。


・2018年6月21日(木)13時30分~15時15分
・サンスクエア堺 サンスクエアホール
「企業と人権 ~人権の基本的理解を深める~」
・講師:大阪企業人権協議会 サポートセンター 企業人権研修 総合アドバイザー 金井 敬三さん

企業の新入社員や新任の啓発担当者(公正採用選考人権啓発推進員)等を対象に、同和問題をはじめとする人権問題について、正しい知識を習得し、理解を深めることを目的に実施し、約240名の参加をいただきました。人権の基礎や、なぜ差別が生まれるのか、また、時代と共に変化してきた人権水準について、例をあげてわかりやすくお話をしていただきました。
集団型社会から個人尊重型社会へと変わりつつある現在、互いの立場を尊重することは、すなわち「人権尊重」は社会の営みの基本であり、人を大切にした事業活動は、社会や顧客の信頼・信用(ブランドイメージ)の獲得につながるということを学びました。


私たちが学んだこと(アンケートより抜粋)
・普段の何気ない活動の中にも存在する、企業と人権の関係性について理解することができました。
・相手のことを深く考えて行動することは大事であるが、難しいまず自分の中のステレオタイプを意識的に改めていく必要があると感じました。
・すぐに差別をなくすのは難しいかもしれないが、私たち若い世代が差別問題に対する意識をしっかり持つことで徐々になくしていけるのではないかと思いました。