人権って?

人権とは何か

みなさんは人権と聞いてどのようなイメージがありますか。
よくわからない、難しそうというイメージがあるかもしれませんね。
でも人権は決して難しいものではありません。
一言で言うと、人権とは、『わたしがわたしらしく幸せに生きていく権利』です。
人権は、わたしらしさのもととなり、わたしの人生を選択していくために欠かせないものです。
つまり、みなさん一人ひとりが持っている、持っていて当たり前の権利なのです。

なぜ守られなければならないのか

わたしたちが幸せに生きていくためには何が必要でしょうか。
自分で自分のしたいこと、生き方を自由に選ぶことができることが幸せに生きていく前提ではないでしょうか。
しかし、これまでの歴史を振り返ると、働きたくても、女性だからという理由で家にいなければいけない、
生まれた地域で職業が決められ、好きな人と結婚できないなど、自分らしく生きたくても生きられない人がたくさんいました。
何もしなければ力の弱いものは差別され、排除されてきたのです。
これらの事例は、今を生きるわたしたちにも、決して他人ごとではありません。
また、時代が変わるにつれて、新たな課題も次々と生まれています。
つまり、人権とは一人ひとりが日々意識し、学び、守り続けなければ侵害されてしまうものでもあるのです。
日本国憲法や世界人権宣言は、そのような大切だけれど侵されやすい人権を文章にすることで、具体的に保障しているのです。

そのために私たちは何をしなければならないのか

しかし、憲法や法律で定めただけで終わりではありません。
人権を守るためには、一人ひとりの努力が必要です。
そのために、まずは人権とは何か、現在どのような課題があるのかを知り、学んだことを伝えること、
そして一人ひとりができることを考え、行動することが必要であると私たちは考えています。