堺市人権教育推進協議会からのお知らせ

企業部会

企業部会は、1982年2月の設立以来、同和問題について正しい理解と認識を深め地区住民に就職の機会均等を保障し、雇用を促進することにより生活の安定を図ることが同和問題の中心的課題と捉え、堺市、堺市教育委員会、堺公共職業安定所、堺労働基準監督署、公益財団法人堺市就労支援協会等の協力を得て、就職差別の撤廃をはじめとするあらゆる人権問題の解決を図るため、様々な事業活動を積極的に推進しています。

詳細・入会方法を見る

宗教部会

宗教部会は、過去に差別戒名を刻み、過去帳を閲覧に供することにより身元調査に協力したという反省から、宗派を超え、それぞれの教えの根元にたちかえり、人間の尊厳と権利を守り、人権尊重社会を築くために1983年に結成されました。自己研修と相互啓発を進めながら堺市人権教育推進協議会に呼応、参加し「人権草の根運動」を展開しています。

詳細・入会方法を見る

新着情報

2017年4月1日
ホームページリニューアルいたしました

過去の情報を見る

人権文化のある社会

私たちは、さまざまな文化を継承し発展させてきました。生活を形成する大切な文化として『人権』を位置づければ、一人ひとりこんな生き方ができるのではないでしょうか。

自分らしく生きられる

私たちは、自分らしさの種をたくさんもってこの世に誕生しています。その種が、差別や偏見で踏みにじられることなく、自由にのびのびと花を咲かせていく。
そんな人生の大きな喜びが体験できます。

視野が広がる、人とつながる

私たちは、人と人のつながりや社会の中で多くのことを学び、吸収しています。日常生活の中で、身近な人々の抱える悩み・課題を理解し、喜びに共感していくことは一人ひとりの視野を広げ、対等で豊かな人間関係を築いていきます。

すべての人がエンパワメントする

一人ひとりが社会にとって、かけがえのない存在であることが自覚できる。そして、いきいきと自らを表現して、社会を変革するために立ち上がる力がついてきます。

自立した生き方が確立する

自己を信頼する力、自己を主張する力、主体性や自発性、自らの事を、自らの意志で選択し、自らの決定に自らが責任をもつ、そんな生き方が確立できます。

人権尊重社会の形成に貢献できる

環境・開発・平和など地球的な問題も身近な人権と関連づけながら考えると、自分自身の具体的課題が明らかになるでしょう。課題解決への行動は人権尊重社会をつくるために大きな役割を果たします。

するどい人権感覚が育つ

人権尊重を文化として生活の中に浸透させていくためには、あらゆる場を通して、人権に関わるいろいろな問題に気づくことが大切。気づき、考える習慣は、するどい人権意識・人権感覚を育てます。

堺市「人権・平和・男女共同参画」 これまでのわたしからの人権メッセージ